スポンサーリンク

先日はスノーボードのウエアの選び方について紹介しました。今回はスノーボードの板の選び方について紹介します。

ame687_juhyou_tp_v

スノーボードの板というのはここではスノーボード板とビンディング、ブーツを指すことにします。いわゆる三点セットですね。ビンディングというのは板とブーツを固定するための道具です。

 

スポーツ用品店では結構3点セットとして売られていますね。こっちのほうがバラで買うより全然安いので初心者にはおすすめです。ではどのように選べばいいのかについて紹介します。

まずは私の持っている板について紹介します。この板はキャンバー構造になっています(後程紹介)。スピードがかなり出て早いです!

img_11201

私の持っている板とブーツはサロモンです。このメーカーはスキーが有名なのですがスノーボードもやっています。ビンディングはユニオンです。

3点で7万弱だったかな??旧モデルなんで安く済みました!新モデルならもっと高かったかもしれないです。

 

板の選び方について

 

まずは板についてです。板は主にキャンバーロッカーがあります。

キャンバーというのは板がWの字のようになっていて板の真ん中が地面から浮いています。キャンバーの特徴はとにかくスピードです。ロッカーに比べ速いのが特徴ですね。あとはターン。難易度の高いターン(カーピングターン)がやりやすいです。

欠点としては操作が最初難しということ。雪山を颯爽と滑りたい!という方はキャンバーがおすすめです。

 

ロッカーというのは板がUの字のように真ん中が先ほどとは違い地面についています。ロッカーの特徴はグラトリがしやすいことです。グラトリというのは回ったり飛んだりするあれです。雪山でもよくやっていますね。また初心者にも扱いやすいことから人気が高いですね。

 

欠点としてはスピード、ターンがキャンバーに比べれば劣こと。回ったり飛んだりしてかっこづけたい方はロッカーがおすすめです。

どっちかまだ分からない、でも板が欲しいという方は操作性に優れたロッカーをお勧めします

 

また板にはフレックストーションという概念があります。フレックスは板のしなりやすさ、トーションは板のねじれやすさです。ロッカーの場合はどちらも柔らかい方がおすすめです。キャンバーの人は固めがおすすめです。柔らかいと操作がしやすいのですが高速走行の安定性がかけてしまいます。

 

最後に板の長さと幅についてなのですが長さについては以下の表を目安にするといいかと思います。しかし脚力にも個人差があるのでこの表はあくまでも目安にしかなりません。

身長 板の長さ
175㎝以上 身長-20㎝
160~175㎝以上 身長‐15㎝
160㎝以下 身長-10㎝

基本的に板が長いほど安定しますが操作がしずらく逆に板が短いほど操作がしやすいですが安定性に欠けます。

板の幅はブーツのサイズ±1㎝以内が妥当です。1㎝以上になってしまうとターンするとき危険です!

 

ビンディングとブーツについて

 

3点セットであれば板を決めるとビンディングとブーツは自動的に決まります。グレードアップができることもありますが結構値段が上がってしまいます。ビンディングは値段がものをいうので投資額を大きくすればするほどよくなります。

ビンディングは地味ですが個人的に一番重要だと考えています。なぜなら体の動き(重心移動等)全てがビンディングをたどって板に伝わるからです。

 

ブーツを選ぶときは履いて良しではなくしゃがんだりスノーボードの基本姿勢になったり歩いてみたりしてください!足のつま先までしっかり力が伝わっているかも確認してください。

 

安すぎるのは良くない

 

3点セットで安いのは3万円を切ります。しかし安ければ安いほど機能もそれまでとなってしまいます。値段だけで判断するのは良くないですがまともなものを買うためには基準としては新モデルなら3点セットで6万、旧モデルなら5万円は少なくとも必要かと思います。旧モデルのなかには安くてもいいものもありますが・・・。

自分に最適なスノーボードを買って雪山を颯爽と滑りましょう!!