スポンサーリンク

円から元に変えたとき、手数料に笑いが出ましたよ・・・。高すぎて。私は金券ショップでやったので空港でやった組と比べて安く済みましたが(といっても十分高いww)。

その時の元のレートが16.5円ほどでした。金券ショップで交換したら17.8円ほど、空港でやった組は何と18.8円くらい!!!

仮に2万円両替したとしましょう。

レート 20000円を両替 16.5元で両替するときの差 日本円換算
16.5円/元 1212元    
17.8円/元 1123元 -89元 -1468円
18.8円/元 1063元 -149元 -2458円

-2458円!!!

たった両替しただけで2458円分も損ですよ!!!10%ほど持っていかれます。これ、どう考えてもおかしいでしょ。

しかも!!!!!帰国してもし渡航先のお金が余った場合、持っててもしょうがないので日本円に両替しますよね。そのときも手数料は発生します。これもバカ高い!!というかこっちのほうが高い!!

中国渡航前に両替したところと同じ会社で両替すると手数料割引しますよ!っていうレシートを渡されたので同じところで両替することに、自分の想像では低く見積もっても15円/元くらいで両替かな。と思っていたのに大間違い!実際13.5円ほどでした。

13.5円!!??はぁ!?何が割引じゃあ!!!

その時思った正直な感想です(笑)もし割引されていないならもっと低いということでしょうか。これなら金券ショップで両替した方が安そう。

とても不便ですよね。頑張って中部国際空港で同じ店探したのに・・・・・。正直、がっかりしました。

 

そこで・・・

海外行くとき両替はどうしたらいいのか帰国後調べました。そしたら為替両替を空港でやると通貨によってはやっぱりこれくらい持っていかれるそうですね・・・。ドルやユーロはもっと手数料が安いようですが、まぁ当たり前ですよね、需要が高いので。

調べた結果一番いい方法だと思ったのがVISAプリペイドカード

 

良い点を挙げていきます

  1. わざわざ両替を店でする必要がない
  2. 海外のATMで現地のお金を降ろせる
  3. 再両替の必要なし

ざっとこんな感じです。今回行った中国よりもこちらの方が5%ほど手数料が安いとのこと(18.5元/円と比べて)。

VISAカードなので大体の国で使えると思うのですが中国のみ銀聯カードに設定する必要があります。VISAでも中国内で使える店はありますが銀聯カードだと確実です。

事前にお金を入金してって感じですね。またクレジットではないので13歳から使えることもメリットでしょう。わざわざ新たに銀行を開設する必要もありません。

クレジットでないのは地味にでかいですよね。使いすぎの心配もないし過剰請求もされることもありません。海外でクレジットカードを使うのって結構怖いですよね。個人情報抜かれてそうで。

ちなみにこのカードでインドネシアのルピアを両替すると両替店より43%もお得になるそうwww43%ってどんだけ両替店が高いんだぁ!!!

今度、海外へ行くときはこのカードを持っていくことにします。