スポンサーリンク

結構怖いタイトルになっていますがまじで一度事故るかと思いました。行ったのは2018年秋なので割と最近です。

一番注意する点は交通事情!

正直これだけ心得ておけば死ぬことはまずないでしょう。それほど中国いくなら絶対必須条件です。必修科目だよ!

日本では歩行者優先の文化があります。なので車が止まってくれるだろうという安心感がどこかにはありますが中国では捨てましょう。歩行者優先?そんなものはありません。

なんせ人がいっぱいいる狭い道を電動バイクでクラクション鳴らしながら通るくらいですから(笑)交差点では必ず周りを見て歩くように!!

私は電動バイクに轢かれかけました。あと1m進んでいたら轢かれていたと思います。交差点はまじで要注意。

もちろん全員が全員そうではないですが日本に比べると圧倒的に多いです。クラクションの量が物語っています(笑)

高速バスもタクシーも速い速い(笑)シートベルトを着用しないと怖くて仕方がなかったですね(笑)よくこれで事故らないなと思うほど(笑)JCTなんかみんな割り込もうと必死で車間距離がえらいことになってます。ただ本線から来る車が入らせないんで凄いですよ(笑)熾烈な争いが。

ほとんどの場所で荷物検査あり

高速バス、新幹線、地下鉄などあらゆるところで荷物検査があります。これを無視して通過すると日本人ならまず止められるでしょう。中国人はちょくちょく通過していますが(笑)基本的に心配はいらないです。

常温が基本

飲料水は常温が基本です。ビールもです。さすがにコンビニで牛乳が常温で置かれていたのはビックリしましたが。冷えたものが欲しい場合はその旨を伝えなければならないです。

スタッフのサービスは日本に比べ雑

これはそういうもんだと心得ておきましょう。日本が凄いだけだと思います。仕事しながら携帯いじっているのは結構ざらです。いらいらしても仕方がないです。

ホテルの立地は考えたほうがいい

クラクションの音で起こされることがあるかもしれません。私は実際にそうなりました(笑)平日だと注意が必要です。

英語が通じないことも

これは場所によっても異なりますが通じないこともしばしば。トイレの英語が理解できてなかったりしたので中国語で話したほうがいいかも。今のスマホは翻訳機能あるので大丈夫だと思います。

中国ではLINEやTwitter、Googleなどは使えない

これは結構不便ですよね。それ用のポケットWi-Fiを借りれば使えますが少し割高です。それが嫌な場合はメールでやり取りするかWichatを入れて連絡し合うのがいいでしょう。

そのほか

・トイレにはトイレットペーパーがないことも。水に流せるポケットティッシュを持っていっておきましょう

・水は基本買って飲む。海外では当たり前ですね!日本が凄いだけ!

・新幹線の乗車券は前もって買う。日本のように当日買って飛び乗ることは基本できません。ちなみに日本に比べてかなり安いです。

・基本どこへ行ってもパスポートは必須。出しやすい場所に入れておきましょう。ただし盗難には注意。

・上海浦東空港は時間に余裕をもって。私たちは3時間前にいって結構ギリギリでした。余裕を持ちましょう。

・電動バイクのところへは入らない。マジで轢かれます。歩道と似ていますがしっかり書いてあるので間違えないように。

・上海の空気に注意!特に上海駅はひどかったです。息苦しさがあったのでマスクはあったほうがいいです。

注意点はいっぱいありますが中国には一度行ってみたほうがいいと思います!かなり発展しておりそれを肌で感じられます!日本が抜かされていることがわかるかも…。是非中国へ!

何か気になる点ありましたがコメント欄へ書き込みお願いします(#^^#)!