スポンサーリンク

山陰、特に電車で米子、松江、出雲に行く人はほとんど乗るであろう電車、それが「特急やくも」です。

IMG_0535[1]

鉄道に詳しい方はよく知っていると思いますがこの電車381系と呼ばれるものです。知らない方は「はぁ??それが何か??」って感じですよね。この381系、実はあまり評判がよくないんです・・・。

なぜ評判がよくないか。それはとにかく揺れるからです。直進している時でも普通に揺れます。特に山陰本線が直進揺れがひどいです。場所によっては「地震か??」ってほど揺れます(笑)

また伯備線(山間部)ではカーブがひどいんですがここではやくも独特の揺れが生じます。普段の電車では味あわない揺れです。それは「振り遅れ」という現象によっておこる揺れです。これがやくもが気持ち悪いといわれている一番の要因だと思います。

振り遅れについて簡単に説明します。この381系は「自然振り子」という振り子型の電車です。これは車体と台車の間に「ころ」と呼ばれるものが取り付けられています。カーブに入ったときにカーブの度合いによって「ころ」が動き、電車が傾くという仕組みです。

しかし「ころ」は制御されていなくカーブに入ったらすぐに電車は傾きません。なぜなら「ころ」には摩擦という力がかかっているからです。詳しくは物理学が必要となってくるの省きます。そこでカーブに入ってから車体が傾くまでタイムラグが生じます。これが「振り遅れ」というものです。

なので現在では制御された振り子電車もあります。というかほとんどが制御されています。むしろJR西日本の中でやくものみが自然振り子かもしれません。

ではなぜ振り子電車にするのか。

それはカーブでの高速運転が可能になるからです。普通の電車と振り子式の電車ではスピードが全然違うそうです。

しかしこれでもやくもは昔よりか乗り心地は改善されました。昔よりシートピッチが広くなりゆったりとできるようになったからです。足を延ばすこともできます。

IMG_0536[1]

昔はもっとやばかったです(笑)車内販売があったのですが座席にワゴンがバンバン当たる(笑)ワゴンのお姉さんもすごく大変そうでした・・・。

昔のに乗ったことがあるのでわかるのですが今は気持ち悪いどころか快適ですよ(^○^)もうやくもの揺れになれてしまったからかもしれないですけど(笑)

 

最後に初めてやくもに乗る方は酔い止め必須です。電車に酔ったことがない!という方もいると思いますがあれは普通の電車と違います(笑)あとスマホはできるだけ見ない方がいいかもしれません

混む時期は必ず指定席を取っておいてください!自由席で立ちになったら岡山から2時間はほぼ座れません。やくもの立ちはやばいんでぜひとも席の確保を!!もし万が一席が取れなかった場合、30分前くらいにホームで待っておきましょう!

こんなのに乗ってまで行く価値のあるところなのか??と思う方は是非このブログを見てください!まだ全然完成していないのですが島根県の観光名所(穴場も含む)を紹介しています!

 

良かったら下のバナーにクリックをお願いします!


にほんブログ村


人気ブログランキングへ