スポンサーリンク

島根県在住のKaiです!旅行に鉄道を使う人、結構多いですよね。私もよく使っています。しかしその場所その場所で気を付けなければならないことってありますよね。

例えば都会なら乗り継ぎ!ごちゃごちゃしていて田舎者からするとどこにいるのか訳が分からなくなります(笑)

では島根を電車で旅するときにどんなことに気を付ければいいのか??日ごろから電車を使っている地元民からここは注意したほうがいいよというのを紹介させていただきます!

 

 

1.島根県に来るときに注意すること

 

a. 特急やくもは大雨になるとすぐに止まってしまう

これからの時期、特に気を付けてもらいたいのがこれ!!大雨です!やくもは大雨に弱く、すぐに止まってしまいます。また山を走るのでゲリラ豪雨とかが起こりやすいんですよね・・。

出雲市に向かうのに通常でも3時間かかるのに大雨で4時間半かかったとかよくあります(-_-;)私も経験済みです・・。

またやくもは車両の数のため?に折り返し運転をすることが多いです。なので反対電車が来ずに運転取りやめになったということがよくあります。

岡山のホームに降りたら乗る電車の1個前がまだ出発してなかったΣ(・□・;)なんてこともあります。こうなるとたいてい満席なので立たなくてはなりませんが、正直やくもの立ちはやばいです。

わたしはその電車を見送り後続の電車に乗ることを強くおすすめします!

 

b. 特急やくもは酔い止め必須!

独特な揺れで旅行者を困らせるやくも号(笑)

これ、普段電車酔いする人は絶対酔い止めを持って行ってください!都市部などで乗っている乗り物とはわけが違います。

車内で何かを書くとかも基本できません。私も何度か挑戦したのですが揺れすぎて文字がブレブレになります(笑)また携帯をいじるのもあまりよくないです。酔います。

一番の効果的な方法は車窓を楽しむということです!窓側の席を取って遠くを見ましょう!音楽を聴きながら車窓を楽しむというのもありです!

 

c. 山陰線は風に注意!

特に島根の西側、石見地方に多いです。

出雲市ー松江ー米子は運転しているが出雲市以西が止まっているということが結構あります。そうなると厄介なのが直通運転している電車が来ないことです。主に特急スーパーおき、まつかぜ、快速アクアライナーです。

この電車は出雲市ー米子間も走っているのですが出雲市以西で止まってしまうと電車が来ません。

特に止まりやすいのが出雲市ー大田市区間です。ここは海のすぐ近くを走るので海風の影響をもろに受けるんですよね~。もし風が強い日に旅行される際は行程に注意してください!

 

2. 島根交通事情の裏技

 

 2人以上での旅行は山陰満喫パス!

鳥取・島根の特急・快速・普通電車が2日間使えて値段なんと1人当たり4000円!!これ無茶苦茶安いです。私もこれで1万5千円分得したことがあります。詳しくはこちらに掲載してあります。

また山陰は普通電車は1時間に1本、場所や時間によっては2時間に1本とかが当たり前です。乗り遅れると行程に支障をきたしかねません。十分注意してください!

 

 

 

 

 

良かったら下のバナーにクリックをお願いします!


にほんブログ村


人気ブログランキングへ