スポンサーリンク

2018年9月に自分が中国の上海・蘇州へ行ったときの話を特にそこで感じたことと日本との違いを交えながら話していきます!

上海へは関西空港からの中国東方航空の直行便でいったのですがこれが安い安い(笑)29900円~~!海外旅行の閾値本当に低くなったなぁ~~。しかもLCCではありません。

海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!

この飛行機から中国色全開でした(笑)

中国スタッフのやる気…

上海から高速バスに乗り継いで蘇州へ行くのですが飛行機がバスの時間ギリギリに着いたため全力ダッシュでバス乗り場を目指すのですがなんせ空港が広すぎ!!なんとかギリギリに間に合い切符を買ったんですがそこのスタッフのやる気のなさ(笑)スマホでWechat(中国版LINEのようなもの)しながら切符の手配をしていますしお金を出すのに手間取っているとイライラされました。

私は知らなかったのですが友達曰く空港の警備員がスマホをしながら歩いていたそう(笑)

日本ではない(と願いたい)経験をしました。日本人は逆に丁寧すぎるのでそこはどうかと思いますが…。

荷物検査必須!?

中国では新幹線に乗るのも地下鉄に乗るのも高速バスに乗るのも全てに荷物検査があります。そこは日本よりも厳しいんですがそこのスタッフがまた適当(笑)普通に素通りする中国人もいるのですがそのままスルー。逆に日本人の私たちは止められます。一度知り合いが荷物検査でペットボトルが原因で引っかかり飲んだらオッケーだったのですが確か私のカバンにもペットボトルは入っていました。どういう基準?(笑)

中国の交通事情

観光や移動でタクシーやバスを使ったのですがスピードが速い速い(笑)高速バスではスポーツカーをどんどん追い抜いていきました。車線も5車線ほどあるのですが追い越し車線なんてもんはありません。基本どこからでも追い抜いていきます。マジでこの国では運転できない。

タクシーでも同様なのですがWechatでボイスチャットしながら走行です(笑)日本人だからかな(笑)舐められていた??

あと平気でクラクションを鳴らします。日本のように譲り合いの文化がないのでわが先へとつき進むためどこかしらからでも聞こえてきます。歩行者優先??そんなものは中国にはないぞ!!まじで1度轢かれかけました。注意してください。

ホテルによっては朝は車のクラクションの音で起こされることがあるので要注意!

中国で英語は少ししか通じません。大学近くのホテルでも通じなかったのは直してくれと思いましたが。

色々いい経験になりました!