スポンサーリンク

国内で数多くの路線を持つジェットスタージャパン。セールも結構多く2000円代の商品も結構あります!では安さ以外の部分はどうなのでしょうか??

 

まずは下に簡単な表を作りました!今回は全てエコノミークラス(安い料金のものです)について書いています。

(下に書いてある有料プランとはちゃっかりPlus(運賃+約1450円)としっかりMax(運賃+3690~約15000円:閑散期と繁忙期で差が結構あり)のことをいいます。)

料金プラン Starter(運賃のみ) 運賃+ちゃっかりPlus 運賃+しっかりMAX
荷物  7㎏まで無料  10㎏まで無料  30㎏まで無料
機内食  有料 500円まで無料  500円まで無料 
座席  指定不可(有料) 指定可  指定可 
予約取り消し  不可  不可  可(手数料:3090円)
予約変更  有料  無料  無料

 

1.オプション

 

まず荷物についてです。ジェットスターは7㎏までは機内持込手荷物が無料です。しかし原則は荷物とお手回り品の二つのみです。なのでバック二つとかは機内には持ち込めません。

またサイズも高さ56、幅36、奥行き23または高さ114、幅60、奥行き11(cm)と決まっておりますので注意を!

 

機内に持ち込めない荷物は受託手荷物として航空会社に預けなければいけません。これは15㎏まで1030円です(予約時にウエブサイトで登録)。これは当日空港で申し込んでしまうと2600円となってしまいます!

なので

必ず予約時に登録してください!!

 

15㎏以上は5㎏ごとに値段が変わってきますがこれを当日で申し込みしてしまうと値段が跳ね上がってしまいます!!

 

もう一度言いますが必ず予約時に登録を!!

またLCCは荷物について結構厳しいです多めに見てくれるでしょうとは思わない方がいいと思います!!またちゃっかりPlusに入っていると10㎏までしっかりMAXに入っていると30㎏まで無料です。

 

次に機内食についてですが機内食は有料です。だいたい飲み物やおにぎりが一つ200円くらいします。しかしペットボトルのように蓋がしっかりしていれば持ち込みが可能です!!

飲食物は事前に買って余計な出費を抑えましょう!有料プランに入っていると500円以内なら無料です。

 

2.快適性

 

座席については有料プランに入っているもしくはお金を払わないと指定できません。シートは基本的に3種類ありますがスタンダードシートの中にはリクライニングができないシートも入っています。

コンセントの電源はついていなく、音楽などが聞けるオーディオも基本的にありません(一部ついているが有料)。シートピッチも狭く多少の窮屈感があります。

他にも機内快適グッズも有料だったり空港のラウンが使えなかったりします。安いのでしょうがないですね。

 

3.予約変更、取り消し等の手数料

 

これは結構ややこしいです。

払い戻しや出発地到着地の変更は有料プラン(しっかりMAX)に入ってないとまずできません

もし入っていたとしても払い戻しには手数料3090円と結構掛かります。予約の変更はウェブページからだと3240円、コールセンターからだと4320円支払うと運賃だけのプランでも可能です。

 

しかしちゃっかりPlusに入っていると無料で変更できます差額は必要で、また変更先の運賃のほうが安い場合、お金は返ってきません。

 

4.トラブル(天候不良や会社でのミス)の対処

これはトラブルと時と場合によって異なるそうです。

まずは天候不良についてです。この場合は自社の後続便の振り替えか返金のみの場合が多いです。なので宿泊代やタクシー代などの費用は請求できません。

次に自社のミスでの欠航の場合は自社の後続便の振り替えか返金に加えて場合によっては宿泊代や食事代、バウチャー券(半年間有効の割引券)が支給されるケースがあるそうです。これは状況によってまちまちなのでなんとも言えないです。

 

おすすめは普通運賃に加えて有料プラン(ちゃっかりPlus)に入っておくことです。しっかりMAXは場合によってはおすすめできますが、旅行シーズン(ゴールデンウイークや土日祝日などの休みが多い日)では値段が高いことが多いです。

ちゃっかりPlusに入ると入らないでは待遇に大きな差が出てしまいます(上図)。

 

 

LCCは目的地に行くだけという風に考えて待遇にはあまり期待を持たないほうがいいです。また今回の重要なポイントは

1.荷物が多い人、予約を変更するかもしれない人は有料プランのちゃっかりPlusに(場合によってはしっかりMAX)入っておくこと!!

2.LCCは取り消しがほぼできない(しっかりMAXに入っていてかつ3090円払わないとできません)

3.荷物は予約時に何キロか登録しておくこと!!

 

LCCは使いようによっては従来できなかった低価格での旅行ができます。メリットデメリットを把握して使ってみてください!

 

 

 

良かったら下のバナーにクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ