スポンサーリンク

先日やっと車を購入しました!!!三菱のコルトという車です!!

 

8月から車を探し始めて3か月・・・やっといい車に巡り合えました(*^_^*)嬉しい限りです(^○^)

 

車自体の値段は32万ほどなのですが車検等を含めると45万!!!

学生にしては結構なお値段です・・・。少しでも安くしたい!そこで私はこんな手段に出ました!

 

車庫証明を自分で書く!!!

 

これをするだけで約1万6千円も浮くんですよ!焼肉4回分くらいかな(笑)

img_12211

しかし私はこれまで車を買ったことがないので車庫証明の書き方ももちろん知りません。何となく車庫証明でググって自分でも書ける!みたいなことが書いてあったので思い切って(笑)(笑)

 

まず何をすればいいんでしょう(笑)ネットで調べた結果、警察署に行って車庫証明の用紙を貰うとのことでした。あっ、これは交番とかではだめですよ。

場所は警察署の車庫証明係というところです。証明書くださいといえば普通にもらえます。場所が分からない時は窓口に聞いてください!

img_12061

ちなみに・・・

これは車所有の本人がいく必要はないです。別に親でも構わないですよ。また地域によって異なりますが車庫証明がいらないところもあります。確認してみてください!

もらえるものは自動車保管場所証明申請関係書類(車庫証明の関係書類)と見本です。本名長いですね・・・。

自動車保管場所証明申請関係書類の内訳は自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書、保管場所の所在図・配置図、保管場所使用権原疎明書面(自認書)・保管場所使用承諾証明書です。ずら~~っと漢字ばかりですね(笑)

何かわけが分からないものもありますが一つずつ紹介していきます。都道府県や市町村で多少違うと思いますがそこはご了承ください(>_<)

img_12081

 

1. 自動車保管場所証明申請書(所要時間10分)

img_12071

車名や車台番号、自動車の大きさなどを記載します。「自動車の大きさなんか知らんわ」という方は車屋さんに聞いてください。私は車屋さんから登録識別情報等通知書をもらいました!これに全て書いてあります。

書くにあたって私が悩んだところは二つありました

まずは住所のところ等に() 局 番と書いてあるんですよね・・。最初なにこれ??って思ったのですがこれは電話番号を書くところだそうです。そのことすら知りませんでした。

例えば****-○○-××××の場合、(****)-○○局××××番と書きましょう!

そして右下にある自己単独所有かその他かのどちらかに丸をつけるところ。ここはその土地が誰のものかどうか。自分のものであれば自己単独所有に丸を、自分ではない場合はその他に丸をつけてください。

地域によっては共有という選択肢もあるらしいですがこの場合はその土地を他の人と共有して使っている場合ですね。

最後に県証紙を貼らなくてはいけません。私の場合(出雲市)は2枚目に2100円分、4枚目に610円分を貼る必要があります。これは警察署内で扱っています。

 

2. 保管場所の所在図・配置図(15分)

 

保管場所標章交付申請書は??って思うでしょうがこれは複写した紙の中にありますが特に書くことないのでスルーします。

ここは車を置く場所について書きます。この場合は記載例にならって書けば問題はないと思います。

書くのがめんどくさい場合は地図を張り付けて自宅の場所を明記しておきましょう

また書くときはしっかりと定規を使って書きましょう。間違えるか不安な場合はシャーペンで書いてからボールペンで書くと酔いと思います。

ここで私が疑問に思った点は一つ、道路の距離ってどう測るの?

交通量の多い道路をメジャーなどで測っていたら危険極まりないですよね。なので大体でよさそうです。例えば歩幅で計算するとかもしくは地図から定規で測り縮尺を合わせて計算とかですかね(^^;

地図から定規で測り縮尺を合わせて計算する方法

実際の道路の幅(㎝)=(定規で測った長さ(㎝))×(縮尺率)

小数点第一位までで十分かと思います。また保管場所の長さも書いておきましょう!

 

3. 保管場所使用権原疎明書面(自認書)・保管場所使用承諾証明書(10分(人によったら数日))

 

これは申請者と保管場所の土地の所有者が同じの場合が自認書だけの記載になります。他の人は全て保管場所使用承諾証明書です。この書類はどちらか一方で構いません。

例え夫の所有地に妻が保管する場合であっても保管場所使用承諾証明書を書かなくてはなりません。

もしパーキングに車を止める場合そこの所有者にサインをしてもらわなければなりません。これが結構面倒です。代筆等は絶対にやめましょう。所有者によっては手数料を取られることもあるそうです。

 

書けたら警察署に!

 

書き終わったら警察署に持っていきましょう。ここでは代理人でも大丈夫です。必要な持ち物は車庫証明の書類と書類に使った印鑑です。訂正が必要なときがあるかもしれないからです。

また提出するにあたって県証紙を購入する必要があります。これは地域によってさまざまだと思いますが私の場合2500円程度でした。

警察署で提出したら車庫証明は発行!ではないです。もう一段階あります。提出した大体5日後くらいにまた警察署に行くように指示が出されると思います。その日に行って手続きをしたら完了です。

 

最後に・・・

印鑑を押すところはすべて認印で大丈夫です。また書くべき場所は全て書きましょう!また保管場所の使用期限とかいつまでか分からない場合でも3年間でいいので書いておきましょう。書かないと向こうから聞かれます。

また○年○月○日は基本提出日で結構です。

 

これをするだけで私は1万6千円も浮きました!!車庫証明を自分でやってよかったなと思いましたね!さあこのお金を何に使おうかな~~(笑)